<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 篠原千絵の評価が低い理由 | main | ネウロ完結の行方 >>

光のパンジーがなにやら凄すぎる

光のパンジーという漫画をごぞんぞですか?
 
少女時代、りぼんでもなかよしでもなく、ぴょんぴょんで大人の階段のぼった百式です。
今思えば、なぜぴょんぴょんだったのか、全くわかりません。

今は亡きぴょんぴょん。
あさりちゃん、パンクポンク、みい子など微妙なラインナップの中に、
光のパンジーはありました。

ざっくり言うと、チンパンジーに育てられた女の子の話です。

これがかなり衝撃的な漫画で、
幼いころの記憶があまりない百式の脳裏にがっつり張り付いているのです。

あらすじはほとんど覚えていないんですが、
ここに書くにあたって調べてみると、
想像以上にものすごいんです。

ヤフオクで1〜9巻セットが20000円!!!
しかも全11巻なのに。

暇な人はあらすじをどうぞ。。
 
漫画 その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://100sikikannon.jugem.jp/trackback/4
この記事に対するトラックバック