<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
| main | 光のパンジーがなにやら凄すぎる >>

篠原千絵の評価が低い理由

 篠原千絵という漫画家をごぞんぞですか?
少女コミックを中心に20年以上も連載を持ち続けている作家です。
 

代表作の、 闇のパープルアイを読んだのは百式、中学生の頃でした。

15歳の少女倫子は、ある日自分の能力に目覚めます。
それは豹に変身するというものでした。
しかし彼女はそれ故、生物教師の曽根崎に追われることになります。
彼女の父親は科学者で、かつて変身人間の実在を説いて
学界から追放されていました。
父の無念を晴らすため、曽根崎は変身人間を捕えることに執念を燃やしていたのです。。。

まあ、こんな感じで冒頭進んでいきます。

しかし、1巻のラスト衝撃の展開を篠原はやってのけます。

曽根崎に追われ、倫子と妹の舞は屋敷に追い詰められます。
変身をコントロールできない倫子に、
感情の爆発を利用して変身させようとする曽根崎は、

舞を目の前で番犬に食い殺させます。。

・・・・
この甘くない展開、悲しいほど無慈悲に話は進んでいくのです。

篠原千絵の漫画には、
なんともいえない生々しい恐怖が込められていて、
日常の近くにある、人の残酷さや、無関心さが張り付いていて、
読んでいてぞくっとするのです。

例えて言うなら、
背後から首筋にふうっと生温かい息を吹きかけられるような恐怖。

篠原千絵は
闇のパープルアイ  海の闇、月の影  蒼の封印  天は赤い河のほとり
とまあ、代表作をたくさん持っているにも関わらず、どうしてこんなに評価が低いのか?
 
それは思うに、少女コミック特有のエロシーンに問題があるのでは。
あれさえなければ、、、、
残念な気持ちになるのです。


漫画 その他 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://100sikikannon.jugem.jp/trackback/3
この記事に対するトラックバック