<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 自分を考えようと思う | main | キャプテンが舞い降りる >>

世界は美しい


あたらしいともだちができて

すこし世界がかわってみえる



世界は美しいぜ




午前5時はこんなきぶん

















15歳で家出して彼女は彼に出会ったのさ
ギターケースに座り クリーム色のバスを待ってたとき
夜はきれいな星をたくさん手に入れてる
神様はちいさな鍵を探してる最中
おとなたちはきっとみんな狂っているのだろう
とおくのほうで雷が光るのがみえたよ
夜がこわいのなら心をひらいて
全てを壊してあげるから君のために

ソーダ水の粒のようにたのしそうな日々は流れる

ビードロのジャケットを着た浮浪者がやってきて
きれいな湖への道をたずねられたとき
ぼくは彼に煙草をすすめたのだけれど
口がないから吸えないって彼はいう
夏の光はきれい彼女はその中であそびたがる
妖精の話を聞くのがとても好きで
やがて太陽が沈み沈黙が訪れ
赤いリンゴをふたりでかじってる

ソーダ水の粒のようにたのしそうな日々は流れる


いつか今のことが懐かしくかんじるのかもしれないね
ぼくの大好きなレコードにゆっくりと針がおりていく

ソーダ水の粒のようにたのしそうな日々は流れる

かつて人はみんな無邪気なこどもだったよ

MUSIC | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://100sikikannon.jugem.jp/trackback/181
この記事に対するトラックバック