<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 天から降る声 | main | 愛のコリーダ >>

ジョジョの素敵な音楽

バイツァ・ダストといえば吉良吉影のスタンドですね



Another One Bites The DustはQUEENの曲です








吉良吉影はジャンプ史上最高の悪役だと思うのですよ

ジョジョのスタンド名には、曲名やバンド名から名付けられたものがほとんどで、
それを知るとこの漫画はさらにおもしろくなってきます

この吉良のスタンド「キラークイーン」「シアーハートアタック」もクイーンの曲です


この曲と吉良のシンクロ具合が素晴らしい。
















ニコニコでしかないのが残念です。

ちなみにこの曲、元はマイケルジャクソンに提供された曲。
しかしマイケルが、「この曲はクイーン自身が歌うべきだ」と強く推されて
結果、クイーン最大のヒット曲になったという逸話が残ってます。
(調べてびっくり)



ジョジョには「マンインザミラー」という名前のスタンドも出てきます。
探してみるのもおもしろいかも






QUEEN  Another bites the dust 邦題:地獄へ道連れ




対訳

スティーブは帽子を深く被り 用心深く通りを歩く
聞こえてくるのは、その足音だけ
マシンガンの射撃準備は出来ている
準備はいいか?覚悟はできてるか?
後ろに隠れてシートの縁にしがみついてるか?
ドアの向こうで、弾丸が炸裂している
派手なビートを刻みながら

またひとり、地面に倒れる
またひとり、人が死ぬ
またひとり死んだ、もうひとり死んだ
またひとり、死んでゆく

ほら、次はお前の番だ
またひとり、負けて死ぬ

お前が死んで、俺が独りになったら、どうしろっていうんだ?
俺のものは、みんなお前が持って行った
挙句、俺を身一つで放り出した
それで幸せか?それで満足しているのか?
どのくらい、この熱気に耐えられる?
ドアの向こうで、弾丸が炸裂している
派手なビートを刻みながら

またひとり、地面に倒れる   ・・・・

人を傷つける方法なんて幾らでもある
奴を地面にひきずりだして、叩きのめすことも、騙すこともできる
脅しをかけ、奴が倒れたら、立ち去ることもできるだろう

でも俺は覚悟ができている、
お前を殺す覚悟が

俺はこの足で、しっかり立っているんだから
ドアの向こうで、弾丸が炸裂している
繰り返し、派手なビートを刻みながら


















ジャンプ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://100sikikannon.jugem.jp/trackback/136
この記事に対するトラックバック