<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< happening | main | フレッドアステアが素敵すぎる >>

They Don't Care About Us

とうとうこれに手をつける日がやってきました。

ちょっと気合い入れて記事を書きますよ。

これだけは軽い気持ちで扱ってはいけない曲のような気がするんです。


ニュースなどで沢山取り上げられた
マイケル死の2日前のリハーサル映像
見た方も多いはずです。
そこで歌っているのがこの曲です。


このSFは放送禁止になって撮り直したという経緯があるものです。
監督はスパイク・リー


 
とてもシンプルな音が強く響く曲です。




英詩: 訳詞 
Skin head, dead head   馬鹿なスキンヘッド 能無し野郎
Everybody gone bad   どいつもこいつも悪解釈しやがる
Situation, aggravation   状況は悪化するばかり
Everybody allegation   どいつもこいつも言い訳ばかり
In the suite, on the news   スイートルームでニュースに群がる
Everybody dog food   どいつもこいつも糞くらえだ
Bang bang, shot dead   バン!バン!死んじまえ!
Everybody's gone mad   どいつもこいつも狂ってやがる

All I wanna say is that   僕が言いたいのは
They don't really care about us
奴らは僕らのことなんてどうでもいいんだ


Beat me, hate me   僕を叩けよ、憎めばいい
You can never break me  だけど僕を壊すことは決してできないぜ
Will me, thrill me   僕に命令しろよ、震え上がらせてみろよ
You can never kill me   だけど僕を殺すことは決してできないぜ
Jew me, sue me   僕に噛みついてみろよ、訴えてみろよ
Everybody do me   みんなやってるぜ
Kick me, kike me   僕を蹴落とすのかよ、それとも引き上げるのか
Don't you black or white me   僕を黒だの白だのつべこべ言うな

All I wanna say is that   僕が言いたいのは
They don't really care about us 
奴らは僕らのことなんてどうでもいいんだ


Tell me what has become of my life   
僕の人生はどうなってしまったんだ
I have a wife and two children who love me  
僕には愛してくれる妻と二人の子供がいるんだ
I am the victim of police brutality, now
それが今や警察の暴行の被害者だ
I'm tired of bein' the victim of hate
憎しみの餌食になるのはうんざりだ
You're rapin' me of my prideOh, for God's sake
僕のプライドを剥ぎ取ろうとしている  ああ、お願いだ…
I look to heaven to fulfill its prophecy...
天を見上げ、予言の成就を願う
Set me free
僕を自由にしてくれ

Skin head, dead head   馬鹿なスキンヘッド 能無し野郎
Everybody gone bad   どいつもこいつも悪解釈ばかりしやがる
trepidation, speculation   恐怖に震え、憶測を巡らせ
Everybody allegation   どいつもこいつも言い訳ばかり
In the suite, on the news  スイートルームでニュースに群がる
Everybody dog food   どいつもこいつも糞くらえだ
black man, black male   黒人といったのか? 悪魔といったのか?
Throw your brother in jail   お前の同胞を刑務所へぶち込んでやれよ

All I wanna say is that   僕が言いたいのは
They don't really care about us
奴らは僕らのことなんてどうでもいいんだ


Tell me what has become of my rights
教えてくれよ、僕の権利はどうなってしまったんだ
Am I invisible because you ignore me?
僕を無視して、僕の存在が見えないのか?
Your proclamation promised me free liberty, now
あの宣言は、僕の自由を約束したんじゃなかったのか
I'm tired of bein' the victim of shame
恥の餌食になるのはうんざりだ
They're throwing me in a class with a bad name
奴らは僕を汚名にまみれた階級に放り込みやがる
I can't believe this is the land from which I came
これが僕の生まれたところだとは思えない
You know I do really hate to say it
こんなことは言いたくもないが
The government don't wanna see
政府は見て見ぬふりだ
But if Roosevelt was livin' He wouldn't let this be, no, no
もしルーズベルトが生きていたら こんなことにはならなかっただろう

Skin head, dead head   馬鹿なスキンヘッド  能無し野郎
Everybody gone bad   どいつもこいつも悪解釈しやがる
Situation, speculation   状況は憶測ばかり
Everybody litigation   どいつもこいつも訴訟ばかり 
Beat me, bash me   僕を殴れよ、罵倒してみろよ
You can never trash me   僕を潰すことなんて決してできないぜ
Hit me, kick me  僕を叩けよ、蹴倒してみろよ
You can never get me   僕を捕えることなんて決してできないぜ

All I wanna say is that   僕が言いたいのは
They don't really care about us
奴らのことなんてどうでもいいんだ

Some things in life they just don't wanna see
人生の中には見たくないものがある
But if Martin Luther was livin’ He wouldn't let this be
もしキング牧師が生きていたら こんなことにはならなかっただろう

Skin head, dead head   馬鹿なスキンヘッド  能無し野郎
Everybody gone bad   どいつもこいつも悪解釈しやがる
Situation, segregation   状況は相変わらず人種差別ばかり
Everybody allegation   どいつもこいつも言い訳ばかり
In the suite, on the news   スイートルームでニュースに群がる
Everybody dog food   どいつもこいつも糞くらえだ
Kick me, strike me   僕を蹴倒せよ、殴ってみろよ
Don't you wrong or right me   僕の判断の白黒をつべこべ言うな

All I wanna say is that   僕が言いたいのは
They don't really care about us
奴らは僕らのことなんてどうでもいいんだ

<They keep me on fire>   彼らは僕を灼き続ける
<I'm there to remind you>   君に思い出させるため 僕はそこにいる
 
君はいつもその口で 僕を脅すのか









最期の映像。
最期の最期で、ほんの少し笑ったように見えます。
彼のメッセージが届きますようにと祈らずにはいられません。
















注釈:
jew me及び  kike me は、ユダヤ人蔑視につながるとしてSF中では効果音で消してあるようです。
(jewはユダヤ人を指し、kikeはユダヤ人を侮蔑する俗語)
歌詞は韻を踏むことを意識して作られているため、日本語訳をつけると人によってかなり解釈が違ってくると思います。
いろいろな人の訳詞を参考に、また自分なりの解釈や言い回しを加えて今回は作らせてもらいました。
拙い訳詞なので、御指摘がありましたらどうぞご意見をいただきたく思ってます。


最後のシーンでマイケルが手話をするのですが、いま出回っているほとんどの動画は、なぜかそこもカットされています。
手話は各国で違うらしく、翻訳が難しいです。
手話に詳しい人がいたらぜひ意味をお願いします。

MICHAEL JACKSON 訳詞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://100sikikannon.jugem.jp/trackback/116
この記事に対するトラックバック