<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< LEVEL E | main | ブルックシールズの名演説 日本語訳 >>

butterflies

「invincible」収録

浮遊感がきもちいい。


この人の才能は私たちが想像するよりいろんな方向に広がる可能性があったんじゃないのかなぁ、なんて想わせる曲。

歌詞もとってもかわいらしい。




訳詞:
君はただ、僕の側を通り過ぎていくだけなんだね
君にあいさつをしようとしても 君は僕の微笑みにさえ気づいてくれないんだ
なんとか君に連絡したいと思っても
君はいつだって僕の電話を無視するのさ
どうして君はそんな態度ばかりをとるのかな
僕はただ溜息をもらすだけ
どうしても君に触れたいんだ

君に優しく触れてキスしたい
今夜、君とふたりきりで過ごせたらいいのにな
君をみてるだけで、僕はドキドキしてしまうのさ

僕に出来るのは、「これは夢なんだ、彼女は幻なんだ」と
自分で自分に言い聞かせることだけさ
君が僕のそばにいなくても、君が近くにいるような気がするよ
君をそっと撫でて、君にふたりの愛を確かめさせて
そうすれば満ち足りた気分になるんだ、 いいかい
僕の夢が叶うなら、君に全てを与えよう
ベイビー、 君がいるだけで、僕は胸の鼓動を抑えられないよ

僕の手をとってくれたなら
ひだまりの中へ君を連れてってあげるよ
君が僕の愛する人になってくれたなら
いつまでもいつまでも君を愛してあげる

MICHAEL JACKSON 訳詞 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://100sikikannon.jugem.jp/trackback/109
この記事に対するトラックバック