<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

ジョジョの素敵な音楽

バイツァ・ダストといえば吉良吉影のスタンドですね



Another One Bites The DustはQUEENの曲です








吉良吉影はジャンプ史上最高の悪役だと思うのですよ

ジョジョのスタンド名には、曲名やバンド名から名付けられたものがほとんどで、
それを知るとこの漫画はさらにおもしろくなってきます

この吉良のスタンド「キラークイーン」「シアーハートアタック」もクイーンの曲です


この曲と吉良のシンクロ具合が素晴らしい。
















ニコニコでしかないのが残念です。

ちなみにこの曲、元はマイケルジャクソンに提供された曲。
しかしマイケルが、「この曲はクイーン自身が歌うべきだ」と強く推されて
結果、クイーン最大のヒット曲になったという逸話が残ってます。
(調べてびっくり)



ジョジョには「マンインザミラー」という名前のスタンドも出てきます。
探してみるのもおもしろいかも






QUEEN  Another bites the dust 邦題:地獄へ道連れ




対訳

スティーブは帽子を深く被り 用心深く通りを歩く
聞こえてくるのは、その足音だけ
マシンガンの射撃準備は出来ている
準備はいいか?覚悟はできてるか?
後ろに隠れてシートの縁にしがみついてるか?
ドアの向こうで、弾丸が炸裂している
派手なビートを刻みながら

またひとり、地面に倒れる
またひとり、人が死ぬ
またひとり死んだ、もうひとり死んだ
またひとり、死んでゆく

ほら、次はお前の番だ
またひとり、負けて死ぬ

お前が死んで、俺が独りになったら、どうしろっていうんだ?
俺のものは、みんなお前が持って行った
挙句、俺を身一つで放り出した
それで幸せか?それで満足しているのか?
どのくらい、この熱気に耐えられる?
ドアの向こうで、弾丸が炸裂している
派手なビートを刻みながら

またひとり、地面に倒れる   ・・・・

人を傷つける方法なんて幾らでもある
奴を地面にひきずりだして、叩きのめすことも、騙すこともできる
脅しをかけ、奴が倒れたら、立ち去ることもできるだろう

でも俺は覚悟ができている、
お前を殺す覚悟が

俺はこの足で、しっかり立っているんだから
ドアの向こうで、弾丸が炸裂している
繰り返し、派手なビートを刻みながら


















ジャンプ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

冨樫祈願

 帰ってくる気配のない冨樫さん。

今回はやけに長くお休みですね。





これはレベルEの単行本の挿絵。

こんな風にあそび絵を入れることもなくなってしまった冨樫。

もう漫画が嫌いになっちゃったのかなあ。
ジャンプ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

数字で見てみよう

 こんばんは百式です。
最近幽遊白書完全版を買い始めた百式です。

最近ジャンプがすこぶる面白くない。

幽白読みながら黄金時代に思いを巡らせ、ネットを見ていると
おもしろいデータを発見。




コミック累計売上部数とその一巻当たりの発行部数

赤は黄金期 三本柱
青は現在連載中

週刊少年ジャンプ 歴代コミックス売上げランキング
は以下になります!(2008年11月26日時点)

01位 DRAGONBALL ドラゴンボール 1億5000万部 全42巻
02位 こちら葛飾区亀有公園前派出所 1億3500万部 〜153巻
03位 ONE PIECE ワンピース 1億3000万部 〜45巻
04位 SLUM DUNK スラムダンク 1億2000万部 全31巻
05位 NARUTO ナルト 7500万部 〜38巻
06位 北斗の拳 6600万部 全27巻
07位 キャプテン翼 5200万部 全37巻
08位 るろうに剣心 5100万部 全28巻
09位 キン肉マン 5000万部 全36巻
   ダイの大冒険 5000万部 全37巻
11位 ジョジョの奇妙な冒険(第6部まで) 4700万部 全63巻
12位 幽遊白書 4400万部 全19巻
13位 ろくでなしBLUSE 4300万部 全42巻
14位 HUNTER×HUNTER ハンター×ハンター 4000万部 〜23巻
   BLEACH ブリーチ 4000万部 〜28巻
16位 テニスの王子様 3800万部 〜38巻
17位 CITY HUNTER シティハンター 3500万部 全35巻
   Dr.スランプ 3500万部 全18巻
19位 BASTARD!! バスタード!! 3000万部 〜24巻
20位 遊☆戯☆王 2800万部 全38巻

21位 DEATH NOTE デスノート 2700万部 全12巻
22位 BΦY 2600万部 全33巻
   地獄先生ぬ〜べ〜 2600万部 全31巻
24位 聖闘士星矢 2500万部 全28巻
25位 魁!! 男塾 2200万部 全34巻
   シャーマンキング 2200万部 全32巻
   ヒカルの碁 2200万部 全23巻
28位 封神演義 2100万部 全23巻
29位 コブラ 2000万部 全18巻
   きまぐれオレンジ☆ロード 2000万部 全18巻  
31位 キャッツアイ 1800万部 全18巻
32位 サーキットの狼 1700万部 全27巻
33位 銀魂 1600万部 〜18巻
   アイシールド21 1600万部 〜25巻
35位 トイレット博士 1500万部 全30巻
36位 花の慶次 1400万部 全18巻
37位 まじかる☆タルるートくん 1300万部 全21巻
   プレイボール 1300万部 全22巻
   リングにかけろ 1300万部 全25巻
40位 BLACK CAT 1200万部 全20巻


以上のデータを
 発行部数÷既刊単行本
の式でランキンしてみたいと思います。

※小数点以下四捨五入


01位 04位 SLUM DUNK           387万部
02位 01位 DRAGONBALL          357万部
03位 03位 ONE PIECE             289万部
04位 06位 北斗の拳               244万部
05位 12位 幽遊白書              232万部
06位 21位 DEATH NOTE           225万部
07位 05位 NARUTO              197万部
08位 17位 Dr.スランプ            194万部
09位 08位 るろうに剣心           182万部
10位 14位 HUNTER×HUNTER        174万部
11位 14位 BLEACH ブリーチ      143万部
12位 07位 キャプテン翼        141万部
13位 09位 キン肉マン          139万部
14位 09位 ダイの大冒険        135万部
15位 19位 BASTARD!!          125万部
16位 29位 コブラ            111万部
17位 29位 きまぐれオレンジ☆ロード   111万部  
18位 13位 ろくでなしBLUSE        102万部
19位 31位 キャッツアイ         100万部
    17位 CITY HUNTER          100万部
    16位 テニスの王子様       100万部
22位 25位 ヒカルの碁           96万部
23位 28位 封神演義            91万部
24位 33位 銀魂              89万部
    24位 聖闘士星矢           89万部
26位 02位 こちら葛飾区亀有公園前派出所 88万部
27位 22位 地獄先生ぬ〜べ〜        84万部
28位 22位 BΦY              79万部
29位 36位 花の慶次            78万部
30位 11位 ジョジョの奇妙な冒険(6部まで) 75万部
31位 20位 遊☆戯☆王           74万部
32位 25位 シャーマンキング        69万部
33位 25位 魁!! 男塾           65万部
34位 33位 アイシールド21         64万部
35位 32位 サーキットの狼         63万部
36位 37位 まじかる☆タルるートくん   62万部
37位 40位 BLACK CAT            60万部
38位 37位 プレイボール          59万部
39位 37位 リングにかけろ         52万部
40位 35位 トイレット博士         50万部



こうやって見るといかに黄金期の看板が抜きんでた存在だったかがよくわかりますね。
一巻平均が300万を超えるとか・・・・ねぇ。

このランキングで2作品ランクインしたのは
シティハンターとキャッツアイの 北条司
ヒカルの碁とデスノの 小畑健 (これは原作がついてるからな〜)
北斗の拳と花の慶次の 原哲夫(これも原作が〜)

そしてさらに
ベスト10に2作品をぶち込んだのは鳥山明冨樫義博だけ。
冨樫がんばってるよ冨樫。


ジャンプ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

幽遊白書1

 ジャンプ黄金時代の三本柱
スラムダンク
ドラゴンボール

そして幽遊白書。
作者はもちろん冨樫義博。


この二つに対して、幽幽白書は比べ物にならないくらいに知名度も評価も低い。

しかしこの二つと肩を並べて語られることが多いのはなぜなんだろう。



スラムダンクをLIKE,
ドラゴンボールをLOVEで表現するとするなら、
幽遊白書はADDICTIONだと思う。


冨樫には井上にも鳥山にもない何かを持っている。

今読み返すとほんと恥ずかしくなるようなシーンも多々ある幽遊白書ですが、
やっぱりおもしろい。

井上鳥山になくて冨樫が持っているもの
それは「生生しさ」じゃないだろうか。
ある人が「色気」という表現をしていたけど
その匂いというか、温度というか、
とにかく人間のにおいが付いて回る。
それは冨樫という人間の匂いなのかもしれない。

冨樫はよくも悪くも、作品よりも「冨樫義博」本人について語られることが多い。
そしてアンチと信者が大きく分かれる。
その両極を惹き込んで大きな渦の中にのみこむ。
HUNTER×HUNTERが異例の連載をしているのが大きな証明になる。

冨樫という人間の、本来見せてはいけない部分まで
漫画から滲みだしてしまっているようで
今読み返してみると恐ろしい部分がたくさんあります。
当たり前のように少年誌に載っていたのかこれが。
あの頃冨樫の叫びに、どれだけの人間が気づいていただろう。

この漫画は、ただの物語ではなくて、
ただの娯楽漫画じゃなくて、
本当は誰も見てはいけないものがその絵にのっかっていたんじゃないのか
そんな気にさえなる
それくらい気合いの入った絵を冨樫は描いています。

全体を通してみれば、つじつまが合わなかったり、
結局仲間が死ななかったり、
幽助が魔族として生き返ったり、
めちゃくちゃなところはたくさんある
技の名前もカッコ悪いし
パクリだろって箇所もたくさんある

それでもひきつけてやまないのは、
きっとこういうところ。


とにかく敵が素晴らしい。
一人目、戸愚呂。

暗黒武術会での最後の決戦。
100%の力を発動させ、
圧倒的な力の差を見せつけてのひとコマ。

「元人間のオレの経験からみて
 今のお前に足りないものがある」

「危機感だ」






「おまえもしかしてまだ 
 自分が死なないとでも思ってるんじゃないかね?」

このシーンは、読んだときに高い所から落ちる時みたいな
ぞわっと胸のあたりが浮くような感じがする。

このセリフの意味はのちに戸愚呂の過去を知ることによって
より深みを増すことになる。
この言葉が持つ意味がとても悲しいことに
今になってやっと気づいた。





二人目、仙水忍
魔界の穴編に入ってからの富樫の線は細く繊細になっていく。
今では考えられないほど美しい線を描いている。
HUNTERの絵柄に慣れてみるとびっくりするほど。

そして人間の描写がより生生しく、皮一枚剥いだ内側に入っていく。

仙水が人間を否定するきっかけになった過去を語るひとコマ。
妖怪を売買する組織の壊滅に向かった仙水は
人間たちが欲望のままに妖怪を殺し、切り刻み、内臓を引きずり出している
酷悪の宴を目の当たりにする。

妖怪を倒すことが正義と信じて疑わなかった
価値観の崩壊

そして仙水はそこにいたすべての人間を殺した




仙水は本当に冷たく凍てついた表情で描かれている。
怒りや憎しみではなく
湧き上がるような嫌悪感と確固たる意志

冨樫は仙水に自分の気持ちをしゃべらせていたのかもしれない。




ジャンプ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

ドラゴンボール

 こんばんは百式です。
あした休みのはずが
「明日出れる?」
の一言に屈して「大丈夫ですよ。あは。」
と言ってしまった百式です。

最近ドラゴンボールが自分の中で盛り上がってきています。
CHA−LA−HEAD−CHA−LAは、歌いだすときりがないのでやめといたほうがいいです。


初代ドラゴンボールのオープニング
たまらん。
まだブルマが悟空を孫くんと呼んでいた頃。





ごぞんぞドラゴンボールZのオープニング。
ごぶわぁぁぁー!って噴出音?とともにドラゴンボールに文字がはまってくとこが好き。
Zは悟飯がメインなんだな。


小さかった悟空が少しずつ大人になって
結婚して子供が生まれて、父親になっていく
この物語は一見ただのバトル物語のような気がしてくるけど
本当は登場人物が人間らしい面を見せてくれる
素敵な漫画なんだな。

悟空が父親の顔をするのを見ると
子供のころには感じなかった不思議な気持ちになるんです。


お知らせ
4月5日から朝9時より
「ドラゴンボール改」
放送開始なんですって!

より原作に忠実にリメイクするらしい。
これは…


ジャンプ | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

鳥山明は天才

こんばんは百式です。
巷で話題のドラゴンボール




最近気になってしょうがない。

ドラゴンボールというと、どうしてもアニメのイメージが先行して
引き延ばしの悪影響とか、
結局バトルだけの漫画のように
思われがちですが、

やっぱりドラゴンボールは偉大な漫画なんです。
この躍動感!このわくわく感!
間違いなく鳥山明は日本で唯一の天才なんです。
と、言わずにはいられない。

扉絵の動画です。
連載時のドキドキ感が伝わってくる。
今まで見たことのない物語が溢れてきているのがわかります。
キャラの生き生きした動き、表情、細部まで書き込まれた背景
鳥山明の充実ぶりがうかがえます。

週刊連載でこのクオリティ!
まさに奇跡!
この時代に生まれてよかった





漫画読みなおしてみようかな〜

 
ジャンプ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

画力

 こんばんは百式です。

画力というと
大友克洋のように恐ろしいくらい描き込むものや
鳥山明のように唯一無二のオリジナリティをもつものや
小畑健のように細く美しい線を持って描かれるものなど

たくさんありますが





顔が見えなくても
どんな顔してるか見えるような

このコマには
グッときました。
ジャンプ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

ジャンプの行方

 先週、今週と打ち切りが続いたジャンプです。
アスクレピオスとマイスター。

マイスターに至っては最速の9話で打ち切りとなってしまいました。

これってどうなんだろう?
スポーツ漫画で、たった9話で話を展開させるのには限界があると思うんですよ、百式的には。

ジャンプは、結果を求めすぎなのかなあ??
それともそもそもジャンプはスポーツ漫画に向いてないのかもしれない。

それはジャンプがほかの雑誌よりも読者層が低いのが原因なのかもしれない。
どんどん展開していかないと、読者は退屈してしまう。

ゲーム脳になっていってるのかもなあ。

葛藤とか、努力とか、友情はもういらないのかもなあ。

そう思うとジャンプは悲しい雑誌になっていってるなあ。

ジャンプの漫画で泣いたのはいつのことだろう。
泣けるシーンやずっと心に残るセリフとかはもういらないのかなあ。


ジャンプ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

アスクレピオスの顛末

 こんばんは皆さん
とりあえずUPします
後で画像とかつけますから…



どうでしたこの最終回?!

どうしてパレは実は生きていた展開に?

それはそれでもいいんですけど

そのまましんだままでも十分素晴らしかったのに
腑に落ちない…

ジャンプ | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

パームの行方

 こんばんは百式です。
休みの日はどうも家から出られません。
ひきこもっております。
そんな日は漫画に限ります。

ごぞんぞHUNTER×HUNTERのヒロイン パームさん。

おぼえてますよね?

 

ただいま王の城に潜入中。
側近ビゼフの色欲につけこんでうまく潜入したのですが、
行方は不明になっています。

パームの能力
人魚の水晶玉に、自らの血を振りかけて願うと、その相手の居場所が見える
というもの。名前はまだ出てきていません。

この能力を使って、王の居場所を特定することが目的です。
水晶玉で見るためには、一度でもその本人を肉眼で見ることが必須条件。
なのでパームは危険を承知で王に接近を試みているのです。

その後、ノヴの四次元マンション(ハイドアンドシーク)の出口を設置することに成功することで、パームの能力を使わずに突入に成功したわけですが…


再開後も、パーム救出にイカルゴが向かっていますが、
壁に残したメッセージのみで姿はありません。
「決行時までに連絡なき場合、亡きものとして行動されたし」


パームは生きているのか、死んでいるのか…


ここまでパームについての記述はなし。
しかし、しかし…
このひとコマ・・・・



「東塔兵隊蟻用控え室に一名!!数日前に捕らえた人間!!もうすぐ生れる模様!!」


・・・・・・・
これってもしかして…

まさかね…
でもわざわざ書くなんて…



皆さんはどう思いますか?



ジャンプ | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |